CST logo

会社概要

About Cell Signaling Technology
 

CSTジャパン株式会社は、米国Cell Signaling Technology (CST) 社の日本法人として2008年4月より営業を開始いたしました。
CST社は、細胞機能と疾病の根底にあるメカニズムの解明に役立つ革新的な新しいリサーチツールの開発や、それらツールを可能な限り高い品質の製品としてお客様に提供することで、生物学的な研究と医学の進歩を広範に進展させることを目指しております。
CSTジャパン株式会社は、CSTが提供する製品を通じて、日本のライフサイエンスの発展に貢献してまいります。

社名:
CSTジャパン株式会社
Cell Signaling Technology Japan, K.K.
所在地:
〒101-0047
東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビルディング10階 (MAP)
TEL: 03-3295-1630
FAX: 03-3295-1633
URL: www.cstj.co.jp
設立:
2008年1月17日
資本金:
5,000万円
株主:
Cell Signaling Technology, Inc.

1999年に博士研究者らによって設立されたCell Signaling Technology (CST) は、株式非公開の家族経営の会社で、全世界で400名を超える従業員が働いています。私達CSTは、応用システム生物学研究、特にがんに関わる分野に力を入れており、ロット間差がなく、特異性に優れた抗体を研究に用いることの重要性を十分に理解しています。だからこそCSTは、すべての抗体を社内で製造し、複数のアプリケーションで入念に検証を行っているのです。また、抗体を製造した研究者がテクニカルサポートを担当しており、お客様の実験計画や問題解決をお手伝いし、信頼性の高い結果を得ていただくことに尽力しています。そうするのは、それが実験室にいるなら望むであろうことであり、真実、私達自身も実験室にいる研究者なのです。

事業内容:
ライフサイエンス研究用試薬の輸入販売
役員:
代表取締役社長
清田 和行
取締役
Michael J. Comb (CEO, CST社)
取締役
Benjamin D. Comb (VP of Corporate Development, CST社)
監査役
Matthew Curran (CFO, CST社)