CST logo

ウェスタンブロッティング (Western Blotting) & 免疫沈降 (Immunoprecipitation)

ウェスタンブロッティング

ウェスタンブロッティング (WB) は、細胞や組織抽出物中のタンパク質発現レベルの検出に汎用されている手法です。この手法では、抗体と分析対象の特定のタンパク質との結合を介し、生物試料中のタンパク質レベルを測定します。

CSTでは、日常的に1,000を超えるウェスタンブロッティングを行い、抗体の品質管理や新たな抗体の開発に取り組んでいます。特異的で信頼される抗体をご提供するために、厳格な品質基準に基づいた規格試験を実施し、お客様が再現性に優れ意義ある結果が得られるよう製品毎に最適化したプロトコールを提供しています。

製品検索

品質管理: 全ての抗体製品を社内で製造し、一つ一つ全ての製品を検証しています。広範な規格試験を通じ、最適な希釈率とバッファーを特定しています。

コントロール: ポジティブおよびネガティブコントロールを用いることで、抗体性能を確認し実験条件を最適化することができます。

プロトコール: 最小限の試薬・時間で期待通りの結果を得ていただくために、製品毎に最適化した詳細なプロトコールを提供しています。

プロトコール関連製品: お客様の実験のトータルサポートを目指し、精選した多彩な関連製品を提供しています。これら製品は抗体製品の社内試験でも使用され、製品の性能を最大限引き出すことができます。

テクニカルサポート: CSTの抗体は全て社内で製造されているため、まさにこれらの試薬を開発・検証し使用法に精通した研究者がお客様をお手伝いいたします。

WBガイド

結果が出るウェスタンブロッティングのポイントを、CSTの社内試験の内容を交えてご紹介!
各ステップがなぜ重要なのか、検証結果は必見です。

資料請求はこちら


Western Blot Analysis of Akt products

Akt Western Blotting Example

Western blot of extracts from various cell lines, untreated or treated as indicated with LY294002 #9901 (a PI3 kinase inhibitor), Human Insulin-like Growth Factor I (hIGF-I) #8917 (which activates Akt via IGFIR binding), or Human Platelet-Derived Growth Factor AA (hPDGF-AA) #8913 (which induces the PI3K/Akt pathway through receptor binding), using Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb #4060 (left) and Akt (pan) (C67E7) Rabbit mAb #4691 (right).


Expand (+)

免疫沈降

不均一な細胞や組織抽出物中の特定のタンパク質を標的特異的な抗体を用いて濃縮する免疫沈降 (IP) と、タンパク質複合体をインタクトな状態で沈降する免疫共沈降 (co-IP) は、タンパク質間の相互作用やタンパク質複合体の新規成分の同定に汎用されています。

CSTは、IPとco-IP実験にご使用いただける、細かな品質規格に基づき検証した高品質な抗体を提供しています。抗体は、徹底的に検証されたIPビーズやバッファーなどの関連製品とご使用いただくことでより高い特異性をもたらし、タンパク質間の相互作用やタンパク質複合体の構成成分を解明する、信頼性に優れたIPやco-IPの結果が得られます。時間や試薬の無駄を省くため、セファロースビーズや磁気ビーズで標識した抗体もございます。また、ご希望の抗体をご要望に応じてセファロースビーズや磁気ビーズで標識することもできますので、ご検討の際はお問い合わせください。

Immunoprecipitation Data

Immunoprecipitation Gel Data

Figure A. Immunoprecipitation of Neuropilin-1 from PC-3 cell extracts, in the absence of primary antibody (lane 2), using Neuropilin-1 (D62C6) Rabbit mAb #3725 lot 1 (lane 3), or Neuropilin-1 (D62C6) Rabbit mAb #3725 lot 2 (lane 4). Lane 1 is 10% input. Western blot analysis was performed using Neuropilin-1 (D62C6) Rabbit mAb #3725 lot 2.

Figure B. Immunoprecipitation of α-Synuclein from mouse brain tissue extracts, in the absence of primary antibody (lane 2), using α-Synuclein (D37A6) XP® Rabbit mAb #4179 lot 1 (lane 3), or α-Synuclein (D37A6) XP® Rabbit mAb #4179 lot 2 (lane 4). Lane 1 is 10% input. Western blot analysis was performed using α-Synuclein (D37A6) XP® Rabbit mAb #4179 lot 2. Mouse Anti-rabbit IgG (Conformation Specific) (L27A9) mAb #3678 was used to avoid recognition of rabbit IgG heavy and light chains by western blot.

Figure C. Immunoprecipitation of caspase-3 from extracts from Jurkat cells treated with Etoposide #2200 (25 µM, 5 hr) using Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control #3900 (lane 2), Caspase-3 (8G10) Rabbit mAb #9665 lot 3 (lane 3), or Caspase-3 (8G10) Rabbit mAb #9665 lot 6 (lane 4). Lane 1 is 10% input. Western blot analysis was performed using Caspase-3 (8G10) Rabbit mAb #9665 lot 6. Mouse Anti-rabbit IgG (Conformation Specific) (L27A9) mAb #3678 was used to avoid recognition of rabbit IgG heavy and light chains by western blot.

Expand (+)

Co-Immunoprecipitation Data

Co-Immunoprecipitation Gel Data

The co-immunoprecipitation data shown above is the pull-down of the mTORC1 complex using antibodies targeting various complex components including: GβL, mTOR, and Raptor. All data was generated using HeLa cell extracts and the antibodies indicated below. Lane 1 is 10% input, lane 2 is the pull-down.

Figure A. IP Pull-down: GβL (86B8) Rabbit mAb #3274. Western Probe: mTOR Antibody #2972

Figure B. IP Pull-down: mTOR Antibody #2972. Western Probe: Raptor (24C12) Rabbit mAb #2280

Figure C. IP Pull-down: Raptor (24C12) Rabbit mAb #2280. Western Probe: GβL (86B8) Rabbit mAb #3274

Expand (+)

ウェスタンブロッティング (Western Blotting) & 免疫沈降 (Immunoprecipitation)

アプリケーション

製品カタログ

お薦めリンク

ChIP関連製品特集
SignalSilence siRNA







Buy 3 Get 1 開催中!

3製品購入すると、4製品目を無料提供。
対象はキットと20 μL抗体以外の全製品!!

詳細はこちら