CST logo

Caspase Signaling

アポトーシスは、核凝縮、細胞収縮、膜ブレブ形成、DNA断片化を特徴とするプログラムされた細胞死で、システインプロテアーゼファミリーであるカスパーゼは、アポトーシスの重要な制御因子です。イニシエーターカスパーゼ (カスパーゼ-2、-8、-9、-10、-11、-12など) は、アポトーシス促進のシグナルに密接に関係しており、ひとたび活性化されると下流のエフェクターカスパーゼ (カスパーゼ-3、-6、-7 など) を開裂して活性化し、標的とする細胞タンパク質を次々に切断してアポト―シスを実行します。

#9664 WB

Cleaved Caspase-3 (Asp175) (5A1E) Rabbit mAb #9664

Western blot analysis of extracts from C6 (rat), NIH/3T3 (mouse), and Jurkat (human) cells, untreated or treated with staurosporine #9953 (1uM, 3 hrs) or etoposide #2200 (25uM, 5hrs) as indicated, using Cleaved Caspase-3 (Asp175) (5A1E) Rabbit mAb #9664.


#9579 IF

Cleaved Caspase-3 (Asp175) (D3E9) Rabbit mAb #9579

Confocal immunofluorescent analysis of HeLa cells, untreated (left) or treated with Staurosporine #9953 (1 μM, 4 hr; right), using Cleaved Caspase-3 (Asp175) (D3E9) Rabbit mAb #9579 (green). Actin filaments were labeled with DY-554 phalloidin (red). Blue pseudocolor = DRAQ5® #4084 (fluorescent DNA dye).


#9661 IHC

Cleaved Caspase-3 (Asp175) Antibody #9661

Immunohistochemical analysis of frozen H1650 xenograft section, using Cleaved Caspase-3 (Asp175) Antibody #9661.


製品検索

Apoptosis Signaling 細胞ランドスケープ 製品使用文献 Caspase抗体比較表 プロトコール関連製品 テクニカルサポート

#9664 Cleaved Caspase-3 (Asp175) (5A1E) Rabbit mAbと他社製品との抗体比較

ウェスタンブロッティング-1

サンプル: アポトーシスの誘導に一般的に用いられる抗がん剤のEtoposideで処理したJurkat細胞を使用しました。

Western Blot Comparison featuring #9664

結果:

  • CSTの#9664 Cleaved Caspase-3 (Asp175) (5A1E) Rabbit mAbは、開裂後の活性化された17 kDaと19 kDaの大断片を検出します。
  • Company 1のCleaved Caspase-3 rabbit polyclonal antibodyは、バックグラウンドが高く、予想される17-19 kDaの範囲に明確なバンドを検出しませんでした。
  • Company 2のActive Caspase-3 rabbit polyclonal antibodyは、様々な分子量に複数の非特異バンドを検出しましたが、肝心の17-19 kDaおよび12-19 kDaの範囲では目的のバンドが弱く検出されました。この抗体を用いたデータは、結論に達していません。
CST #9664 Company 1 Company 2
Product 9664
Dilution 1:1000 1:200* 1:500*
Conc. (μg/mL) 0.07 1 1

*メーカー推奨の希釈率

Expand (+)

ウェスタンブロッティング-2

サンプル: アポトーシスの誘導に一般的に用いられる抗がん剤のEtoposideで処理したJurkat細胞と、アポトーシスを誘導するPKCの阻害剤であるStaurosporineで処理 (1 μM で3時間) したC2C12細胞を使用しました。

Western Blot Comparison featuring #9664

結果:

  • CSTの#9664 Cleaved Caspase-3 (Asp175) (5A1E) Rabbit mAbは、開裂後の活性化された17 kDaと19 kDaの大断片を検出します。
  • Company 1のActive Caspase-3 rabbit polyclonal antibodyは、様々な分子量に複数の非特異バンドを検出します。この抗体は、開裂したカスパーゼ-3タンパク質の大断片の一つに相当する17 kDaのバンドのみを検出します。抗体の非特異結合により、データ解析が困難になる可能性があります。

Expand (+)

Caspase Signaling

製品カタログ

2017年度生命科科学系合同年次大会 (神戸) 出展 / 12月6日−8日
Antibody Duet 20%OFFキャンペーン