CST logo

PD-L1 – 極めて重要な腫瘍免疫学のターゲット

免疫システムでは、正常組織を免疫反応から保護するために一連のチェックポイントがあります。これらは、活性化T細胞表面の受容体やそれに付随する抗原提示細胞表面のリガンドから成ります。カギとなる免疫チェックポイントは、PD-1 (programmed cell death protein 1) にリガンドPD-L1が結合した時に起こります。この相互作用の結果、T細胞の活性が抑制され、活発な免疫反応が妨げられます (1)。

この機構は、腫瘍に対しても同様に働いています。PD-L1は、いくつかの腫瘍タイプで上方制御されており、PD-1との作用やT細胞の活性化を阻害してこれらのがんを悪性化しています。このように、腫瘍は免疫システムによる発見と破壊から逃れています (1-3)。その結果、PD-1とPD-L1は腫瘍免疫におけるこれらの役割と、免疫学に基づく治療の潜在的ターゲットとして大いに注目を集めています (4、5)。

Tumor Immnologyポスター

腫瘍細胞は免疫反応による発見から逃れるために、複数の防御機構を有しています。
当ポスターで更に詳しいシグナルパスウェイをご確認ください。

資料請求はこちら

PD-L1抗体の優れた特異性

ヒト組織の内在性レベルのPD-L1タンパク質を検出します。

PD-L1 imunohistochemistry

 

IHC分析では、#8112 SignalStain® Antibody Diluentおよび#8114 SignalStain® Boost IHC Detection Reagent (HRP, Rabbit) の併用で最良の結果が得られます。

Immunohistochemical (IHC) analysis of paraffin-embedded human lung carcinoma using #13684. IHC was performed using SignalStain® Antibody Diluent #8112 and SignalStain® Boost IHC Detection Reagent #8114.

免疫組織染色 (IHC) におけるCSTのPD-L1抗体の比較

製品名 #13684 PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAb #29122 PD-L1 (405.9A11) Mouse mAb #15165 PD-L1 (Extracellular Domain Specific) (E1J2J) Rabbit mAb
クローン E1L3N® 405.9A11 E1J2J
エピトープ 細胞内 細胞内 細胞外
抗体の免疫動物種 Rabbit Mouse Rabbit
ヒト胎盤のパラフィン包埋サンプルを用いたIHC解析 IHC Placenta for PD-L1 (E1L3N) IHC Placenta for PD-L1 (405.9A11) IHC Placenta for PD-L1 (Extracellular Domain Specific)
IHCにおける使い分け 感度が最も高く推奨 ラビット抗体との多重染色 PD-L1の細胞外ドメインの研究

特異性

PD-L1タンパク質は検出しますが、B7ファミリータンパク質とは交差しません。

PD-L1 Western Blotting

Western blot analysis of lysates from:

  1. COS cells transfected with PD-L2
  2. COS cells mock transfected
  3. KARPAS-299 cells
  4. SUP-M2 cells

Expand (+)

様々なアプリケーションでの検証

免疫組織染色、フローサイトメトリー、免疫蛍光染色、ウェスタンブロッティングと免疫沈降で、一貫性と信頼性の高い結果を示しています。

PD-LI Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of untreated SUP-M2 cells using PDL1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAb #13864 (blue) compared to concentration matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control #3900 (red). Anti-rabbit IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (Alexa Fluor® 647 Conjugate) #4414 was used as a secondary antibody.

Expand (+)

他社抗体との比較-免疫組織染色

KARPAS-299とPC-3細胞の染色

  CST PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAb #13684 1:200 他社1 Rabbit mAb 1:8000 他社2 Mouse mAb 1:50
KARPAS-299 Karpas 299 CST Karpas 299 他社1 Karpas 299 他社2
細胞膜結合性の強い染色 #13684よりも弱い細胞膜染色 細胞膜染色なし
PC-3 PC3 CST 他社1 CST 他社2 CST
染色なし 広汎性の非特異染色 広汎性の非特異染色

CSTの#13684 PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAbを1:200で用いた免疫組織染色において、PD-L1強発現細胞として知られているKARPAS-299細胞では強いシグナルを示し、PC-3細胞では染色がありませんでした。一方、他社1のラビットモノクローナル抗体と他社2のマウスモノクローナル抗体はKARPAS-299細胞とPC-3細胞の両方を染色し、PD-L1特異的でないことを示しています。

肺がんおよび乳がん組織

  CST PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAb #13684 1:200 他社1 Rabbit mAb 1:8000
Lung Carcinoma Lung Carcinoma with CST #13684 Lung Carcinoma with 他社1
肺がん組織の大部分の細胞膜を染色するが、間質細胞は染色しない 肺がんと間質細胞の両方で、細胞質と細胞膜を染色している
Breast Carcinoma Breast Carcinoma with CST #13684 Breast Carcinoma with 他社1
PD-L1陰性の乳がん組織に染色なし PD-L1陰性の乳がん組織の核および細胞質に非特異染色あり

ヒトの肺がんおよび乳がん組織を用いた免疫組織染色において、CSTの#13684 PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAbは肺がん細胞を適切に染色し、周囲の間質細胞や乳がん組織は染色しませんでした。しかし、他社1のラビットモノクローナル抗体は、肺がんおよび周囲の間質細胞を染色し、乳がん組織にも不適切な染色を示しました。他社1のこの抗体は、PD-L1以外のタンパク質を検出しています。

Expand (+)

他社抗体との比較-ウェスタンブロッティング

PD-L1 Western Blotting

CSTの#13684 PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAbを用いたウェスタンブロッティングにおいて、PD-L1強発現細胞であるKARPAS-299細胞やSUP-M2細胞ではPD-L1に適合する分子量のバンドを検出しますが、A459細胞やPC-3細胞ではタンパク質を検出せず、#13684はPD-L1特異的であること示しています。

他社1のラビットモノクローナル抗体を他社1の推奨希釈率で用いると、A549、PC-3、KARPAS-299、SUP-M2細胞で様々な分子量に複数のシグナルを検出し、PD-L1特異的でないことがわかります。

Expand (+)

参考文献

  1. Pardoll DM (2012) The blockade of immune checkpoints in cancer immunotherapy. Nat. Rev. Cancer 12(4), 252–64.
  2. Dong H, Strome SE, Salomao DR, Tamura H, Hirano F, Flies DB, Roche PC, Lu J, Zhu G, Tamada K, Lennon VA, Celis E, Chen L (2002) Tumor-associated B7-H1 promotes T-cell apoptosis: a potential mechanism of immune evasion. Nat. Med. 8(8), 793–800.
  3. Thompson RH, Kuntz SM, Leibovich BC, Dong H, Lohse CM, Webster WS, Sengupta S, Frank I, Parker AS, Zincke H, Blute ML, Sebo TJ, Cheville JC, Kwon ED (2006) Tumor B7-H1 is associated with poor prognosis in renal cell carcinoma patients with long-term follow-up. Cancer Res. 66(7), 3381–5.
  4. Brahmer JR, Tykodi SS, Chow LQ, Hwu WJ, Topalian SL, Hwu P, Drake CG, Camacho LH, Kauh J, Odunsi K, Pitot HC, Hamid O, Bhatia S, Martins R, Eaton K, Chen S, Salay TM, Alaparthy S, Grosso JF, Korman AJ, Parker SM, Agrawal S, Goldberg SM, Pardoll DM, Gupta A, Wigginton JM (2012) Safety and activity of anti-PD-L1 antibody in patients with advanced cancer. N. Engl. J. Med. 366(26), 2455–65.
  5. Brahmer JR, Pardoll DM (2013) Immune checkpoint inhibitors: making immunotherapy a reality for the treatment of lung cancer. Cancer Immunol Res 1(2), 85–91.

Expand (+)

PD-L1 – 極めて重要な腫瘍免疫学のターゲット

製品カタログ

ChIP関連製品特集
XP®モノクローナル抗体







Buy 3 Get 1 開催中!

3製品購入すると、4製品目を無料提供。
対象はキットと20 μL抗体以外の全製品!!

詳細はこちら