CST logo

YAP - Hippoシグナル経路のメディエーター

YAP (Yes関連タンパク質、YAP65) は、Hippo腫瘍抑制経路の主要な制御因子として機能する転写共役因子です。幹細胞と前駆細胞の増殖活性を調節することによって、YAPを介するHippoシグナルは、組織の成長と器官サイズを制御します。調節の異常が腫瘍形成につながるYapは強力ながん遺伝子であり、多くのヒトの腫瘍型でYAPの高発現が報告されています。また、YAPが細胞運命決定で重要な役割を担うという研究報告もされています。YAPは、既に報告されている上皮間葉移行能に加え (1)、肝前駆細胞に成熟した肝細胞の脱分化を進めることが示されており、組織の再生におけるYAPとHippoシグナルの重要な役割が示唆されています (2)。

  1. Lamar JM, Stern P, Liu H, Schindler JW, Jiang ZG, Hynes RO (2012) The Hippo pathway target, YAP, promotes metastasis through its TEAD-interaction domain. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 109(37), E2441–50.
  2. Yimlamai D, Christodoulou C, Galli GG, Yanger K, Pepe-Mooney B, Gurung B, Shrestha K, Cahan P, Stanger BZ, Camargo FD (2014) Hippo pathway activity influences liver cell fate. Cell 157(6), 1324–38.

他社抗体との比較

CSTの#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbを他社の3つのYAP抗体と比較し、#14074が検証したすべてのアプリケーションで同等以上のシグナルを示すことがわかりました。以下に示す各アプリケーションでの他社抗体との比較データをご覧ください。

他社抗体との比較 - ウェスタンブロッティング

CSTの#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbおよび3つの他社抗体をそれぞれの推奨希釈率で使用した、YAP陽性細胞 (A-204、A549、MCF7) と陰性細胞 (D8H1X) の抽出物のウェスタンブロッティング分析

Western Blotting Competitor Comparison with YAP #14074
  • #14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは、YAP陽性細胞でYAPに適切な分子量にシグナルを検出し、YAP陰性細胞では一つのシグナルも検出しなかったことから、YAPに感受性が高く特異的な抗体であることを示しています。
  • 他社1の抗体は、YAPの強いシグナルを検出しますが、50 kDaのタンパク質とも強く交差し、YAPに特異的ではないことを示しています。
  • 他社2の抗体は、メーカー推奨の希釈率で、YAPの弱いシグナルを検出しました。
  • 他社3の抗体は、YAP陽性および陰性細胞で複数の分子量のシグナルを検出し、YAPに特異的ではないことを示しています。

概要
#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは、他社抗体よりも高い特異性と感度を示しました。

他社抗体との比較 - フローサイトメトリー

ウェスタンブロッティングでの比較試験を行った抗体のうち、#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbおよび他社2のラビットモノクローナル抗体のみがフローサイトメトリーで推奨されています。#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbと他社2の抗体をそれぞれの推奨希釈率で用い、YAP陽性A-204細胞 (緑) およびYAP陰性RL-7細胞 (青) のフローサイトメトリー分析を行いました。

Flow Cytomtery Competitor Comparison with YAP #14074
  • #14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは、陰性細胞と陽性細胞の蛍光強度のピークが良く分かれ、YAPに高い特異性を示しました。
  • 同条件で、他社2の抗体はYAP陽性細胞で強いシグナルを検出しましたが陰性細胞でも高いバックグラウンドシグナルを検出し、非特異な交差が示唆されました。

概要
#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは、他社2の抗体よりも高い特異性を示しました。

Expand (+)

他社抗体との比較 - 免疫組織染色

細胞の染色

#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbおよび他社の2つの抗体を用いた、パラフィン包埋YAP陽性 (PANC-1) およびYAP陰性 (RL-7) 細胞ペレットのIHC分析

IHC Competitor Comparison with YAP #14074 positive and negative cell pellets
  • #14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは、YAP陽性細胞で強く細胞質および核を染色し、YAP陰性細胞を全く染色しなかったことから、YAPに特異的であることを示しています。
  • 他社1の抗体は、YAP陽性細胞を適切に染色し、YAP陰性細胞を全く染色しませんでした。1回あたりの抗体使用量の多さから、#14074は他社1の抗体より感度が良いことを示しています。
  • 他社3の抗体は、抗体希釈率1:4000でYAP陰性細胞を染色し、YAP特異的でないことを示しています。1:8000では陰性細胞を殆ど染色しなかったものの、陽性細胞での染色も減少しました。この結果は、#14074が他社3の抗体よりも特異性と感度に優れていることを示しています。

乳がん組織

#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbおよび他社のマウスモノクローナル抗体を、細胞ペレットを用いたIHC分析結果に基づき最適化した希釈率で用いたパラフィン包埋乳がん組織のIHC分析

IHC Competitor Comparison with YAP #14074 breast carcinoma
  • #14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは、パラフィン包埋乳がん組織を強く染色しました。
  • 他社1の抗体は、希釈率を1:10にしても非常に弱い染色を示しました。

概要
細胞ペレットおよびパラフィン包埋乳がん組織を用いたIHC分析の結果、#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは他社抗体よりも優れた感度と特異性を示しました。

Expand (+)

他社抗体との比較 - 免疫蛍光染色

#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbおよび他社の2つの抗体を用いた、MCF10A細胞とC2C12細胞の免疫蛍光染色

MCF10Aヒト乳房上皮細胞

IF Competitor Comparison with YAP #14074 MCF10A Cells
  • 他社1の抗体は、#14074と同等の染色を示しますが、同強度を示すにはより多くの抗体量が必要です。
  • 他社3の抗体は、メーカーの推奨希釈率で非常に弱い染色を示しました。

C2C12マウス筋芽細胞

IF Competitor Comparison with YAP #14074 C2C12 Mouse Cells
  • CSTの#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbおよび他社1の抗体は、核小体を染色せず、YAPに適切な染色を示します。
  • 他社3の抗体は、弱い核染色に加え核小体を強く染色しており、げっ歯類の細胞モデルにおいてYAPに特異的でないことを示しています。

概要
#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは、ヒトおよびマウスの細胞でYAP特異的ですが、他社3の抗体はげっ歯類の細胞で非特異の染色を示します。#14074 YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAbは、他社1の抗体よりも特異的です。また、他社1の抗体はウェスタンブロッティングで50 kDaのタンパク質とも強く交差しており、免疫蛍光染色でもこのタンパク質と交差している可能性があります。

Expand (+)

YAP - Hippoシグナル経路のメディエーター

製品カタログ

ChIP関連製品特集
XP®モノクローナル抗体







Buy 3 Get 1 開催中!

3製品購入すると、4製品目を無料提供。
対象はキットと20 μL抗体以外の全製品!!

詳細はこちら