CST logo

抗体標識サービス

カタログにない標識抗体をお探しですか?CSTがその抗体を特注にて標識いたします。

  • 標識した抗体の性能や安定性を、カタログ製品と同じ基準で検証し最適化いたします。
  • お客様ご自身での標識に比べて時間の節約になり、失敗の心配もありません。
  • 標識した抗体がワークするかが検証されており、お客様の条件検討に伴う時間とコストを節約します。

サービス内容についての詳細は、techjp@cellsignal.comへお気軽にお問い合わせください。

標識サービス一覧

標識の種類 サービスメニュー サービス内容 納期めやす4
Alexa Fluor®、Cyanine (CyDye®)、DyLight™、Pacific Blue™ Basic 標識 + 未反応の蛍光色素の除去 14 日
Tier I 標識度 (DOL) 試験 + Basicサービス 14 日
Tier II アプリケーション試験1 + Tier Iサービス 22 日
Tier III 安定性試験 + Tier IIサービス 32 日
Phycoerythrin (PE)、PE-CyDye®タンデム (例:PE-Cy®7)、Allophycocyanin (APC) Basic 標識 + 精製 14 日
Tier I アプリケーション試験1 + Basicサービス 24 日
Tier II 安定性試験 + Tier Iサービス 34 日
ビオチン Basic 標識 + 未反応のビオチンの除去 14 日
Tier I アプリケーション試験2 + Basicサービス 17 日
Sepharose®ビース、磁気ビーズ Basic 標識 + 未反応の抗体の除去 14 日
Tier I アプリケーション試験3 + Basicサービス 17 日
Horseradish peroxidase (HRP) Basic 標識 + 精製 14 日
Tier I アプリケーション試験2 + Basicサービス 17 日

1. 標準的な検証アプリケーションはフローサイトメトリーです。

 

※他のアプリケーションでの検証を希望される場合は、追加の料金と納期がかかる可能性があります。

2. 標準的な検証アプリケーションはウェスタンブロッティングです。

3. 標準的な検証アプリケーションは免疫沈降です。

4. 原材料の在庫状況により、納期がこれより長くかかることがあります。

CSTの抗体標識サービスの利点

  • ニーズにお応えする柔軟なサービスメニュー:ベーシックな抗体標識に追加して、アプリケーション試験や安定性試験といったオプションが選べます。
  • 検証済み:その標識に求められるアプリケーションにおいて、適切な細胞をコントロールとした生物学的なアッセイシステムを用いて検証されます。
  • 最適化済み:標識物の選択や未反応の色素の除去、抗体の精製、さらに、最良のS/N比を実現するため標識度 (degree of labeling:DOL) の最適化もオプションに含まれます。
  • サポート:カタログ製品を開発・検証している研究者が、実験デザインに合った標識選択のご相談を始めとする広範なテクニカルサポートを担当しています。

アプリケーションで検証された抗体標識

以下のデータは、様々なアプリケーションにおける標識抗体のパフォーマンスを示しています。これらはカタログ製品ですが、特注標識製品もカタログ製品と同じチームの研究者が標識およびアプリケーション試験を行っています。

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of human peripheral blood mononuclear cells

Flow cytometric analysis of human peripheral blood mononuclear cells, untreated (left column) or treated with cross-linked anti-CD3 plus anti-CD28 (10 µg/ml each, 15 min; right column), using Phospho-SLP-76 (Ser376) (D7S1K) XP® Rabbit mAb (PE Conjugate) #16318 (top row) or concentration-matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (PE Conjugate) #5742 (bottom row), and co-stained with an antibody against CD3.

Flow cytometric analysis of PC-3 cells

Flow cytometric analysis of PC-3 cells, untreated (green) or treated with LY294002 #9901 and Wortmannin #9951 (blue), using Phospho-GSK-3Β (Ser9) (D85E12) XP® Rabbit mAb (Alexa Fluor® 647 Conjugate) #14332.

Western Blot

Western blot analysis of NF-κB Control Cell Extracts #9243 from HeLa cells

Western blot analysis of NF-κB Control Cell Extracts #9243 from HeLa cells, untreated (-) or treated with hTNF-α #8902, (20 ng/ml, 5 min., +), using Phospho-NF-κB p65 (Ser536) (93H1) Rabbit mAb (Biotinylated) #4025.

Immunofluorescence

Confocal immunofluorescent analysis of mouse brain

Confocal immunofluorescent analysis of mouse brain using NeuN (D4G4O) XP® (Alexa Fluor® 488 Conjugate) #54761 (green). Actin filaments have been labeled using DyLight 554 Phalloidin #13054 (red).

Confocal immunofluorescent analysis of mouse primary bone marrow-derived macrophages or BMDM

Confocal immunofluorescent analysis of mouse primary bone marrow-derived macrophages (BMDMs) differentiated with mM-CSF (20 ng/mL, 8 days), and then either treated with LPS (50 ng/mL, overnight; left), or LPS (50 ng/mL, overnight) followed by Nigericin (10 uM, 2 hr; right), using ASC (D2W8U) Rabbit mAb (Mouse Specific) (Alexa® 488 Conjugate) #17507 (green). Blue pseudocolor = DRAQ5® #4084 (fluorescent DNA dye). Note the translocation of ASC to inflammasomes following stimulation with LPS and Nigericin (white arrows).

The Alexa Fluor dye conjugates in this product are sold under license from Life Technologies Corporation, for research use only excluding use in combination with DNA microarrays and high content screening (HCS). Alexa Fluor is a registered trademark of Life Technologies, Inc. Cy, Cy7, CyDye, and Sepharose are registered trademarks of GE Healthcare. Pacific Blue is a registered trademark of Molecular Probes, Inc. Dylight is a trademark of Thermo Fisher Scientific, Inc. and its subsidiaries.
U.S. Patent No. 5,675,063.

抗体標識サービス

2017年度生命科科学系合同年次大会 (神戸) 出展 / 12月6日−8日

主要パスウェイ

製品特集

アプリケーション