CST logo

#10284 CD38 (HIT2) Mouse mAb (PerCP-Cy5.5® Conjugate)

 

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年3月22日15時35分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#10284S500 μL72,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

CD38 製品一覧

感度抗体の由来貯法
内在性Mouse IgG1, kappa4℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト -
10284 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

フローサイトメトリー (1:20)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
CD38 (HIT2) Mouse mAb (PerCP-Cy5.5® Conjugate) recognizes endogenous levels of total CD38 protein. This antibody detects epitopes within the extracellular domain.
使用抗原
This monoclonal antibody was purified from tissue culture supernatant via affinity chromatography. The purified antibody was conjugated under optimal conditions, with unreacted dye removed from the preparation.

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて10284 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of live human peripheral blood mononuclear cells using CD38 (HIT2) Mouse mAb (PerCP-Cy5.5® Conjugate) (solid line) compared to concentration-matched Mouse (MOPC-21) mAb IgG1 Isotype Control (PerCP-Cy5.5® Conjugate) #24589 (dashed line).

バックグラウンド

Cyclic ADP-ribose hydrolase 1 (CD38) is a transmembrane protein involved in several important biological processes, including immune response, insulin secretion, and social behavior. Originally described as a glycosylated immune cell surface marker, additional research determined that CD38 is a multifunctional enzyme that catalyzes the synthesis and hydrolysis of cyclic ADP ribose (cADPR) from NAD (1,2). Under acidic conditions, CD38 also catalyzes the synthesis of nicotinic acid adenine dinucleotide phosphate (NAADP) from NADP+. Both cADPR and NAADP act as calcium ion mobilizing messengers that target different intracellular Ca2+ stores (3-6). Since CD38 is the primary mammalian NAD+ glycohydrolase responsible for NAD+ metabolism, CD38 may be a valuable therapeutic target for treatment of metabolic diseases regulated by NAD+-dependent pathways (7,8). CD38 has also been considered a possible therapeutic target for antibody-mediated therapy for myeloma and chronic lymphocytic leukemia (9-11).

使用例
 
関連製品
24589   Mouse (MOPC-21) mAb IgG1 Isotype Control (PerCP-Cy5.5® Conjugate)

Cy and CyDye are registered trademarks of GE Healthcare
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

CD38 (HIT2) Mouse mAb (PerCP-Cy5.5® Conjugate)

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications