CST logo

#15683 c-Jun (60A8) Rabbit mAb (PE Conjugate)

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年3月22日15時35分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#15683S100 μL63,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

JUN 製品一覧

感度抗体の由来貯法
内在性Rabbit IgG4℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット、サル -
15683 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

フローサイトメトリー (1:50)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
リン酸化状態に関わらず内在性レベルのc-Jun タンパク質を検出します。
使用抗原
ヒトのc-Jun のN末端領域に相当するGST-c-Jun タンパク質

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて15683 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of Jurkat cells using c-Jun (60A8) Rabbit mAb (PE Conjugate) (solid line) compared to concentration-matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (PE Conjugate) #5742 (dashed line).

バックグラウンド

c-Jun is a member of the Jun family containing c-Jun, JunB, and JunD, and is a component of the transcription factor activator protein-1 (AP-1). AP-1 is composed of dimers of Fos, Jun, and ATF family members and binds to and activates transcription at TRE/AP-1 elements (reviewed in 1). Extracellular signals including growth factors, chemokines, and stress activate AP-1-dependent transcription. The transcriptional activity of c-Jun is regulated by phosphorylation at Ser63 and Ser73 through SAPK/JNK (reviewed in 2). Knock-out studies in mice have shown that c-Jun is essential for embryogenesis (3), and subsequent studies have demonstrated roles for c-Jun in various tissues and developmental processes including axon regeneration (4), liver regeneration (5), and T cell development (6). AP-1 regulated genes exert diverse biological functions including cell proliferation, differentiation, and apoptosis, as well as transformation, invasion and metastasis, depending on cell type and context (7-9). Other target genes regulate survival, as well as hypoxia and angiogenesis (8,10). Research studies have implicated c-Jun as a promising therapeutic target for cancer, vascular remodeling, acute inflammation, and rheumatoid arthritis (11,12).

使用例
 
関連製品
8752   Phospho-c-Jun (Ser73) (D47G9) XP® Rabbit mAb (PE Conjugate)
9165   c-Jun (60A8) Rabbit mAb

U.S. Patent No. 5,675,063.
XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

c-Jun (60A8) Rabbit mAb (PE Conjugate)

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications