CST logo

#16737 Phospho-CaMKK2 (Ser495) Antibody

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年2月22日15時50分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#16737S100 μL66,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

CaMKK2 製品一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性68, 70Rabbit-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス ラット
16737 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
Phospho-CaMKK2 (Ser495) Antibody recognizes endogenous levels of CaMKK2 protein only when phosphorylated at Ser495. Bands of unknown origin are observed at 42 kDa and 25 kDa.
使用抗原
Polyclonal antibodies are produced by immunizing animals with a synthetic phosphopeptide corresponding to residues surrounding Ser495 of human CaMKK2 protein. Antibodies are purified by protein A and peptide affinity chromatography.

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて16737 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from LNCaP and SNB-19 cells, and mouse brain, untreated (-) or treated with λ phosphatase (+), using Phospho-CaMKK2 (Ser495) Antibody (upper), CaMKK2 (D8D4D) Rabbit mAb #16810 (middle), and β-Actin (D6A8) Rabbit mAb #8457 (lower).

バックグラウンド

Calcium/Calmodulin-dependent Protein Kinase Kinase 2 (CaMKK2) is a member of the CaMK family that contains a central Ser/Thr kinase domain followed by a regulatory domain consisting of overlapping autoinhibitory and CaM-binding regions (1). CaMKK2 can be distinguished from other CaMK family members by the presence of a unique Pro/Arg/Gly-rich insert following the ATP-binding domain (2). CaMKK2 phosphorylates CaMKI at Thr177 and CaMKIV at Thr200 (3). CaMKK2 also phosphorylates AMPKα in response to calcium (4). CaMKK2 has been implicated in long-term memory formation (5) and adipocyte development (6). CaMKK2 is phosphorylated at Ser511 by death-associated protein kinase (DAPK) in a signaling cascade thought to be involved in neuronal death (7).

Multiple CaMKK2 phosphorylation sites have been identified, including Ser495, and C-terminal phosphorylation of the CaMKK2 autoinhibitory region may regulate its function and localization (8).

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
13953   Prestained Protein Marker, Broad Range (11-190 kDa)
16810   CaMKK2 (D8D4D) Rabbit mAb
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
9997   Tris Buffered Saline with Tween® 20 (TBST-10X)
9999   Nonfat Dry Milk

Tween is a registered trademark of ICI Americas, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Phospho-CaMKK2 (Ser495) Antibody

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications