CST logo

#37333 Phospho-MLKL (Ser345) (D6E3G) Rabbit mAb

 

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年3月25日15時35分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#37333S100 μL66,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

MLKL 製品一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性54Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

マウス -
37333 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫蛍光細胞染色 (IF-IC) (1:1600)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのSer345 がリン酸化されたMLKL タンパク質を検出します。免疫蛍光細胞染色 (IF-IC) で、弱い非特異的な染色が核で観察されています。
使用抗原
マウスのMLKL タンパク質のSer345 周辺領域 (合成リン酸化ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて37333 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of L-929 cells, untreated (-), or treated with combinations of the following treatments as indicated: Z-VAD (20 μM, added 30 min prior to other compounds; +), Mouse Tumor Necrosis Factor-α (mTNF-α) #5178 (20 ng/ml, 4 hr; +), SM-164 (100 nM, 4 hr; +), and necrostatin-1 (Nec-1, 50 μM, 4 hr; +), using Phospho-MLKL (Ser345) (D6E3G) Rabbit mAb (upper), total MLKL (D6W1K) Rabbit mAb (Mouse Specific) #37705 (middle), or β-Actin (D6A8) Rabbit mAb #8457 (lower).

IF-IC

IF-IC

Confocal immunofluorescent analysis of L-929 cells, untreated (left), pre-treated with Z-VAD (20 μM, 30 min) followed by treatment with SM-164 (100 nM) and Mouse Tumor Necrosis Factor-α (mTNF-α) #5178 (20 ng/mL, 2.5 hr; center) and then post-processed with λ-phosphatase (right), using Phospho-MLKL (Ser345) (D6E3G) Rabbit mAb (green). Red = Propidium Iodide (PI)/RNase Staining Solution #4087 (fluorescent DNA dye).

バックグラウンド

Necroptosis, a regulated pathway for necrotic cell death, is triggered by a number of inflammatory signals including cytokines in the tumor necrosis factor (TNF) family, pathogen sensors such as toll-like receptors (TLRs), and ischemic injury (1,2). The process is negatively regulated by caspases and is initiated through a complex containing the RIP1 and RIP3 kinases, typically referred to as the necrosome. Mixed lineage kinase domain-like protein (MLKL) is a pseudokinase that was identified as downstream target of RIP3 in the necroptosis pathway (3,4). During necroptosis RIP3 is phosphorylated at Ser227, which recruits MLKL and leads to its phosphorylation at Thr357 and Ser358 (3). Knockdown of MLKL through multiple mechanisms results in inhibition of necroptosis (3-5). While the precise mechanism for MLKL-induced necroptosis is unclear, some studies have shown that necroptosis leads to oligomerization of MLKL and translocation to the plasma membrane, where it effects membrane integrity (6-9).

使用例
 
関連製品
37705   MLKL (D6W1K) Rabbit mAb (Mouse Specific)
7003   20X LumiGLO® Reagent and 20X Peroxide
7071   Phototope-HRP Western Blot Detection System, Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody

Tween is a registered trademark of ICI Americas, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Phospho-MLKL (Ser345) (D6E3G) Rabbit mAb

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications