CST logo

#5019 ASH2L (D93F6) XP® Rabbit mAb

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年1月18日15時10分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#5019S100 μL61,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
#5019T20 μL39,000
感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性80, 65Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット、サル キイロショウジョウバエ
5019 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:2000)免疫沈降 (1:100)免疫蛍光細胞染色 (IF-IC) (1:1000)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのASH2L タンパク質 (全ての既知のアイソフォーム) を検出します。
使用抗原
ヒトのASH2L タンパク質由来の配列 (合成ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて5019 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from various cell lines using ASH2L (D93F6) XP® Rabbit mAb.

IF-IC

IF-IC

Confocal imunofluorescent analysis of HeLa cells using ASH2L (D93F6) XP® Rabbit mAb (green). Actin filaments have been labeled with DY-554 phalloidin (red).

バックグラウンド

The Set1 histone methyltransferase protein was first identified in yeast as part of the Set1/COMPASS histone methyltransferase complex, which methylates histone H3 at Lys4 and functions as a transcriptional co-activator (1). While yeast contain only one known Set1 protein, six Set1-related proteins exist in mammals: SET1A, SET1B, MLL1, MLL2, MLL3, and MLL4, all of which assemble into COMPASS-like complexes and methylate histone H3 at Lys4 (2,3). These Set1-related proteins are each found in distinct protein complexes, all of which share the common subunits WDR5, RBBP5, ASH2L, CXXC1 and DPY30. These subunits are required for proper complex assembly and modulation of histone methyltransferase activity (2-6). MLL1 and MLL2 complexes contain the additional protein subunit, menin (6). Like yeast Set1, all six Set1-related mammalian proteins methylate histone H3 at Lys4 (2-6). MLL translocations are found in a large number of hematological malignancies, suggesting that Set1/COMPASS histone methyltransferase complexes play a critical role in leukemogenesis (6).

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
2184   LSD1 (C69G12) Rabbit mAb
3273   JARID1B Antibody
3876   JARID1A (D28B10) Rabbit mAb
4499   Histone H3 (D1H2) XP® Rabbit mAb
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
9723   Mono-Methyl-Histone H3 (Lys4) Antibody
9725   Di-Methyl-Histone H3 (Lys4) (C64G9) Rabbit mAb
9751   Tri-Methyl-Histone H3 (Lys4) (C42D8) Rabbit mAb

XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

ASH2L (D93F6) XP® Rabbit mAb

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications