CST logo

#54580 Cas9 (S. pyogenes) (D8Y4K) Rabbit mAb (PE Conjugate)

 

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年3月25日15時35分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#54580S100 μL63,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

Cas9 製品一覧

感度抗体の由来貯法
トランスフェクトRabbit IgG4℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

すべての種 -
54580 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

フローサイトメトリー (1:50)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
トランスフェクトレベルのCas9 (S. pyogenes) タンパク質を検出します。 Cas9 (S. aureus)、FnCpf1、AsCpf1 タンパク質とは交差しません。
使用抗原
Cas9 (S. pyogenes) タンパク質のVal16 周辺領域 (合成ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて54580 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of 293T cells, mock-transfected (blue) or transfected with a construct expressing Cas9 (S. pyogenes) (green), using Cas9 (S. pyogenes) (D8Y4K) Rabbit mAb (PE Conjugate) (solid lines) or concentration-matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (PE Conjugate) #5742 (dashed lines).

バックグラウンド

The CRISPR associated protein 9 (Cas9) is an RNA-guided DNA nuclease and part of the Streptococcus pyogenes CRISPR antiviral immunity system that provides adaptive immunity against extra chromosomal genetic material (1). The CRISPR antiviral mechanism of action involves three steps: (i), acquisition of foreign DNA by host bacterium; (ii), synthesis and maturation of CRISPR RNA (crRNA) followed by the formation of RNA-Cas nuclease protein complexes; and (iii), target interference through recognition of foreign DNA by the complex and its cleavage by Cas nuclease activity (2). The type II CRISPR/Cas antiviral immunity system provides a powerful tool for precise genome editing and has potential for specific gene regulation and therapeutic applications (3). The Cas9 protein and a guide RNA consisting of a fusion between a crRNA and a trans-activating crRNA (tracrRNA) must be introduced or expressed in a cell. A 20-nucleotide sequence at the 5' end of the guide RNA directs Cas9 to a specific DNA target site. As a result, Cas9 can be "programmed" to cut various DNA sites both in vitro and in cells and organisms. CRISPR/Cas9 genome editing tools have been used in many organisms, including mouse and human cells (4,5). Research studies demonstrate that CRISPR can be used to generate mutant alleles or reporter genes in rodents and primate embryonic stem cells (6-8).

使用例
 
関連製品
65832   Cas9 (S. pyogenes) (D8Y4K) Rabbit mAb

XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Cas9 (S. pyogenes) (D8Y4K) Rabbit mAb (PE Conjugate)

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications