CST logo

#55800 Mono-Methyl-Histone H3 (Lys4) (D1A9) XP® Rabbit mAb (PE Conjugate)

 

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年3月20日11時40分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#55800S100 μL74,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

Histone H3 製品一覧

感度抗体の由来貯法
内在性Rabbit IgG4℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット、サル キイロショウジョウバエ
55800 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

フローサイトメトリー (1:50)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのLys4 がモノメチル化されたHistone H3 タンパク質を検出します。Lys4 が非メチル化、ジメチル化、トリメチル化されたHistone H3 タンパク質とは交差しません。また、Lys9、Lys27、Lys36 がメチル化されたHistone H3 タンパク質、またはLys20 がメチル化されたHistone H4とも交差しません。
使用抗原
Lys4 がモノメチル化したHistone H3 タンパク質のN末端領域 (合成ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて55800 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of HeLa cells using Mono-Methyl-Histone H3 (Lys4) (D1A9) XP® Rabbit mAb (PE Conjugate) (solid line) or concentration-matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (PE Conjugate) #5742 (dashed line).

バックグラウンド

The nucleosome, made up of four core histone proteins (H2A, H2B, H3, and H4), is the primary building block of chromatin. Originally thought to function as a static scaffold for DNA packaging, histones have now been shown to be dynamic proteins, undergoing multiple types of post-translational modifications, including acetylation, phosphorylation, methylation, and ubiquitination (1). Histone methylation is a major determinant for the formation of active and inactive regions of the genome and is crucial for the proper programming of the genome during development (2,3). Arginine methylation of histones H3 (Arg2, 17, 26) and H4 (Arg3) promotes transcriptional activation and is mediated by a family of protein arginine methyltransferases (PRMTs), including the co-activators PRMT1 and CARM1 (PRMT4) (4). In contrast, a more diverse set of histone lysine methyltransferases has been identified, all but one of which contain a conserved catalytic SET domain originally identified in the Drosophila Su(var)3-9, Enhancer of zeste, and Trithorax proteins. Lysine methylation occurs primarily on histones H3 (Lys4, 9, 27, 36, 79) and H4 (Lys20) and has been implicated in both transcriptional activation and silencing (4). Methylation of these lysine residues coordinates the recruitment of chromatin modifying enzymes containing methyl-lysine binding modules such as chromodomains (HP1, PRC1), PHD fingers (BPTF, ING2), tudor domains (53BP1), and WD-40 domains (WDR5) (5-8). The discovery of histone demethylases such as PADI4, LSD1, JMJD1, JMJD2, and JHDM1 has shown that methylation is a reversible epigenetic marker (9).

使用例
 
関連製品
5326   Mono-Methyl-Histone H3 (Lys4) (D1A9) XP® Rabbit mAb
82241   Histone H3 (D1H2) XP® Rabbit mAb (PE Conjugate)

XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Mono-Methyl-Histone H3 (Lys4) (D1A9) XP® Rabbit mAb (PE Conjugate)

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications