CST logo

#5939 AIF (D39D2) XP® Rabbit mAb (Sepharose® Bead Conjugate)

 

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年1月18日15時10分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#5939S400 μL74,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

AIF 製品一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性67Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット、サル ウシ、イヌ
5939 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

免疫沈降 (1:20)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのAIF タンパク質を検出します。
使用抗原
ヒトのAIF タンパク質のAla520 周辺領域 (合成ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて5939 の推奨プロトコールで実験した結果です。

IP

IP

Immunoprecipitation of Jurkat, NIH/3T3, and HeLa cell extracts using Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (Sepharose® Bead Conjugate) #3423 and AIF (D39D2) XP® Rabbit mAb (Sepharose® Bead Conjugate). The western blot was probed using AIF (D39D2) XP® Rabbit mAb #5318 and Mouse Anti-rabbit IgG (Conformation Specific) (L27A9) mAb (HRP Conjugate) #5127.

バックグラウンド

Apoptosis-inducing factor (AIF, PDCD8) is a ubiquitously expressed flavoprotein that plays a critical role in caspase-independent apoptosis (reviewed in 1,2). AIF is normally localized to the mitochondrial intermembrane space and released in response to apoptotic stimuli (3). Treatment of isolated nuclei with recombinant AIF leads to early apoptotic events, such as chromatin condensation and large-scale DNA fragmentation (3). Studies of AIF knockout mice have shown that the apoptotic activity of AIF is cell type and stimuli-dependent. Also noted was that AIF was required for embryoid body cavitation, representing the first wave of programmed cell death during embryonic morphogenesis (4). Structural analysis of AIF revealed two important regions, the first having oxidoreductase activity and the second being a potential DNA binding domain (3,5). While AIF is redox-active and can behave as an NADH oxidase, this activity is not required for inducing apoptosis (6). Instead, recent studies suggest that AIF has dual functions, a pro-apoptotic activity in the nucleus via its DNA binding and an anti-apoptotic activity via the scavenging of free radicals through its oxidoreductase activity (2,7).

使用例

XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

AIF (D39D2) XP® Rabbit mAb (Sepharose® Bead Conjugate)

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications