CST logo

#61294 IKKα (D3W6N) Rabbit mAb

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年1月21日15時15分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#61294S100 μL56,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

IKK-alpha 製品一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性85Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット -
61294 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫沈降 (1:200)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
IKKα (D3W6N) Rabbit mAb recognizes endogenous levels of total IKKα protein.
使用抗原
Monoclonal antibody is produced by immunizing animals with recombinant protein specific to a central region of human IKKα protein.

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて61294 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from various cell lines using IKKα (D3W6N) Rabbit mAb (upper) or β-Actin (D6A8) Rabbit mAb #8457 (lower).

IP

IP

Immunoprecipitation of IKKα from HCT 116 cell extracts. Lane 1 is 10% input, lane 2 is Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control #3900, and lane 3 is IKKα (D3W6N) Rabbit mAb. Western blot was performed using IKKα (D3W6N) Rabbit mAb. Anti-Rabbit IgG, HRP-linked Antibody #7400 was used as secondary antibody.

バックグラウンド

The NF-κB/Rel transcription factors are present in the cytosol in an inactive state, complexed with the inhibitory IκB proteins (1-3). Most agents that activate NF-κB do so through a common pathway based on phosphorylation-induced, proteasome-mediated degradation of IκB (3-7). The key regulatory step in this pathway involves activation of a high molecular weight IκB kinase (IKK) complex whose catalysis is generally carried out by three tightly associated IKK subunits. IKKα and IKKβ serve as the catalytic subunits of the kinase and IKKγ serves as the regulatory subunit (8,9). Activation of IKK depends upon phosphorylation at Ser177 and Ser181 in the activation loop of IKKβ (Ser176 and Ser180 in IKKα), which causes conformational changes, resulting in kinase activation (10-13).

使用例
 
関連製品
11930   IKKα (3G12) Mouse mAb
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
2078   Phospho-IKKα (Ser176)/IKKβ (Ser177) (C84E11) Rabbit mAb
2370   IKKβ (2C8) Rabbit mAb
2678   IKKβ (L570) Antibody
2682   IKKα Antibody
2684   IKKβ Antibody
2697   Phospho-IKKα/β (Ser176/180) (16A6) Rabbit mAb
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack

Tween is a registered trademark of ICI Americas, Inc.
XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

IKKα (D3W6N) Rabbit mAb

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications