CST logo

#7695 SQSTM1/p62 (D10E10) Rabbit mAb (IF Preferred)

 

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年3月18日15時40分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#7695S100 μL56,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

SQSTM1 製品一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性62Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト -
7695 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

免疫沈降 (1:50)免疫蛍光細胞染色 (IF-IC) (1:100)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのSQSTM1/p62 タンパク質の免疫蛍光細胞染色法での検出に推奨します。ウェスタンブロッティングにはSQSTM1/p62 (D5E2) Rabbit mAb (#8025) とSQSTM1/p62 Antibody (#5114) をご使用ください。
使用抗原
ヒトのSQSTM1/p62 タンパク質のC末端近傍領域 (合成ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて7695 の推奨プロトコールで実験した結果です。

IF-IC

IF-IC

Confocal immunofluorescent analysis of HeLa cells, untreated (left) or treated with bafilomycin A (100 nM, 18 hr; right), using SQSTM1/p62 (D10E10) Rabbit mAb (IF Preferred) (green). Actin filaments were labeled with DY-554 phalloidin. Blue pseudocolor = DRAQ5® #4084 (fluorescent DNA dye).

バックグラウンド

Sequestosome 1 (SQSTM1, p62) is a ubiquitin binding protein involved in cell signaling, oxidative stress, and autophagy (1-4). It was first identified as a protein that binds to the SH2 domain of p56Lck (5) and independently found to interact with PKCζ (6,7). SQSTM1 was subsequently found to interact with ubiquitin, providing a scaffold for several signaling proteins and triggering degradation of proteins through the proteasome or lysosome (8). Interaction between SQSTM1 and TRAF6 leads to the K63-linked polyubiquitination of TRAF6 and subsequent activation of the NF-κB pathway (9). Protein aggregates formed by SQSTM1 can be degraded by the autophagosome (4,10,11). SQSTM1 binds autophagosomal membrane protein LC3/Atg8, bringing SQSTM1-containing protein aggregates to the autophagosome (12). Lysosomal degradation of autophagosomes leads to a decrease in SQSTM1 levels during autophagy; conversely, autophagy inhibitors stabilize SQSTM1 levels. Studies have demonstrated a link between SQSTM1 and oxidative stress. SQSTM1 interacts with KEAP1, which is a cytoplasmic inhibitor of NRF2, a key transcription factor involved in cellular responses to oxidative stress (3). Thus, accumulation of SQSTM1 can lead to an increase in NRF2 activity.

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
13121   Phospho-SQSTM1/p62 (Thr269/Ser272) Antibody
16177   Phospho-SQSTM1/p62 (Ser349) (E7M1A) Rabbit mAb
39786   Phospho-SQSTM1/p62 (Ser403) (D8D6T) Rabbit mAb
5114   SQSTM1/p62 Antibody
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
8025   SQSTM1/p62 (D5E2) Rabbit mAb
95697   Phospho-SQSTM1/p62 (Ser349) Antibody

DRAQ5 is a registered trademark of Biostatus Limited.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

SQSTM1/p62 (D10E10) Rabbit mAb (IF Preferred)

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications