CST logo

#83768 Phospho-SLP-76 (Ser376) (D7S1K) XP® Rabbit mAb (Pacific Blue™ Conjugate)

 

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年1月15日15時15分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#83768S100 μL74,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

SLP76 製品一覧

感度抗体の由来貯法
内在性Rabbit IgG4℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス -
83768 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

フローサイトメトリー (1:50)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのSer376 がリン酸化されたSLP-76 タンパク質を検出します。
使用抗原
ヒトのSLP-76 タンパク質のSer376 周辺領域 (合成リン酸化ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて83768 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of human peripheral blood mononuclear cells, untreated (left column) or treated with cross-linked anti-CD3 plus anti-CD28 (10 μg/ml each, 15 min; right column), using Phospho-SLP-76 (Ser376) (D7S1K) XP® Rabbit mAb (Pacific Blue™ Conjugate) (top row) or concentration-matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (Pacific Blue™ Conjugate) #9078 (bottom row), and co-stained with a CD3 antibody.

バックグラウンド

SH2 domain-containing leukocyte protein of 76 kDa (SLP-76) is a hematopoietic adapter protein that is important in multiple biochemical signaling pathways and necessary for T cell development and activation (1). ZAP-70 phosphorylates SLP-76 and LAT as a result of TCR ligation. SLP-76 has amino-terminal tyrosine residues followed by a proline rich domain and a carboxy-terminal SH2 domain. Phosphorylation of Tyr113 and Tyr128 result in recruitment of the GEF Vav and the adapter protein Nck (2). TCR ligation also leads to phosphorylation of Tyr145, which mediates an association between SLP-76 and Itk, which is accomplished in part via the proline rich domain of SLP-76 and the SH3 domain of ITK (3). Furthermore, the proline rich domain of SLP-76 binds to the SH3 domains of Grb2-like adapter Gads (3,4). In resting cells, SLP-76 is predominantly in the cytosol. Upon TCR ligation, SLP-76 translocates to the plasma membrane and promotes the assembly of a multi-protein signaling complex that includes Vav, Nck, Itk and PLCγ1 (1). The expression of SLP-76 is tightly regulated; the protein is detected at very early stages of thymocyte development, increases as thymocyte maturation progresses, and is reduced as cells mature to CD4+ CD8+ double-positive thymocytes (5).

使用例
 
関連製品
92711   Phospho-SLP-76 (Ser376) (D7S1K) XP® Rabbit mAb

Pacific Blue is a trademark of Molecular Probes, Inc.
XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Phospho-SLP-76 (Ser376) (D7S1K) XP® Rabbit mAb (Pacific Blue™ Conjugate)

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications