CST logo

#89601 ICOS (D1K2T™) Rabbit mAb (IHC Specific)

 

Shopping Days対象製品 対象製品の中から、まとめて購入で一部製品が無料に!
*ウェブで専用注文書を作成し、代理店へご注文ください。

をクリックすると選べます。

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
Shopping Daysで購入
国内在庫 i
2019年3月26日15時45分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#89601S100 μL58,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性25-40Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト -
89601 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

免疫組織染色 (パラフィン) (1:200)Immunohistochemistry (Leica® Bond™) (1:200)

下記ステップについては、データシートの右側もあわせてご参照ください。

IHC-P: 抗体希釈液 / 抗原賦活化

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのICOS タンパク質を検出します。
使用抗原
ヒトのICOS タンパク質のC末端近傍領域 (合成ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて89601 の推奨プロトコールで実験した結果です。

IHC-Leica® Bond™

IHC-Leica® Bond™

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human colon adenocarcinoma using ICOS (D1K2T™) (IHC Specific) Rabbit mAb performed on the Leica® BOND™ Rx.

IHC-P (paraffin)

IHC-P (paraffin)

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human breast carcinoma using ICOS (D1K2T™) Rabbit mAb.

IHC-P (paraffin)

IHC-P (paraffin)

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human colon carcinoma using ICOS (D1K2T™) Rabbit mAb.


IHC-P (paraffin)

IHC-P (paraffin)

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human lymphoma using ICOS (D1K2T™) Rabbit mAb.

IHC-P (paraffin)

IHC-P (paraffin)

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human tonsil using ICOS (D1K2T™) Rabbit mAb.

バックグラウンド

ICOS (Inducible Co-Stimulator, CD278) is a member of the CD28 family that regulates T cell activity and immune responses (1). The ICOS protein contains an extracellular IgV like domain, a transmembrane domain, and an intracellular domain with a YMFM motif (1-2). ICOS is primarily expressed on activated CD4+ and CD8+ T cells (1). Upon binding to its ligand, ICOS potentiates the T cell response to antigen through activation of the PI3K signaling pathway (2). In addition to enhancing T cell activation and proliferation, ICOS plays an important role in the regulation of T follicular helper cells (4). Research studies suggest that ICOS is a potential therapeutic target, and could serve as a prognostic biomarker for neoplastic therapy involving CTLA-4 blockade (5-7).

使用例
 
関連製品
13079   Immunohistochemistry Application Solutions Kit (Rabbit)
14166   Hematoxylin
14177   SignalStain® Mounting Medium
14746   SignalStain® Citrate Unmasking Solution (10X)
15019   Animal-Free Blocking Solution (5X)
8059   SignalStain® DAB Substrate Kit
8112   SignalStain® Antibody Diluent
8114   SignalStain® Boost IHC Detection Reagent (HRP, Rabbit)
9997   Tris Buffered Saline with Tween® 20 (TBST-10X)

BOND is a trademark of Leica Biosystems Melbourne Pty. Ltd. No affiliation or sponsorship between CST and Leica Microsystems IR GmbH or Leica Biosystems Melbourne Pty. Ltd is implied.
D1K2T is a trademark of Cell Signaling Technology. Inc.
SignalStain is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
LEICA is a registered trade​mark of Leica Microsystems IR GmbH.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

ICOS (D1K2T™) Rabbit mAb (IHC Specific)

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications