CST logo

タンパク質ドメイン

細胞内シグナル伝達ネットワークは、様々な細胞挙動を制御しており、タンパク質-タンパク質相互作用やタンパク質、脂質、核酸、小分子とタンパク質の相互作用によって構築されています。このネットワークは、細胞内部の“ワイヤリング”が細胞外シグナルと動的に反応することを可能にします。さらに、少数のシグナリングタンパク質でも様々な細胞状況において驚くべき生物学的機能を果たすことができる柔軟性をもたらします。例えば、軸索のガイダンスにおいて重要な哺乳類の受容体と哺乳類の脳の形成は、出生後の学習と記憶に関係する後シナプス機能を制御できます。どのようにそのようなシグナル経路が成り立っているかを調べることは、正常細胞がどのように機能しているかを理解することだけではなく、疾病における分子動態を正しく理解する上で重要です。
さらに詳しくはこちら。(英語)

Reference Domain Outline

While much of the human genome and its organization has been elucidated, the vast complexity of protein structures and their interactions remains to be deciphered. Most human proteins are composed of multiple modular interacting domains. The number of biomolecular interactions in a human cell is clearly going to be larger than the number of genes themselves.