CST logo

リン酸化チロシン(Phospho/Tyr)結合: SH2 ドメイン(領域)

Phospho/Tyr Binding: SH2 Domain

Src SH2 domain bound to phosphotyrosine peptide (red).

ドメインの結合および機能

SH2(Src-homology 2; Src相同2)ドメインは、およそ100アミノ酸残基からなるモジュールで、特異的なリン酸化チロシン(pY)含有ペプチドモチーフに結合する。通常のSH2 ドメインはpYを認識する保存されたポケットを持ち、特異性を与えるために、このpYのC末端側3-6アミノ酸残基に結合するさらに可変性のあるポケットを持つ。SAP のSH2 ドメインは、N末端およびC末端の前後のアミノ酸残基においてpYと同様にYを認識することから、時には代替の三つ又モデルが当てはまる可能性がある。至適な配列を持つリン酸化ペプチドは、SH2 ドメインに解離定数約50-500 nMで結合する。

参考文献

  1. Waksman, G. et al. (1993) Cell 72(5): 779–90.

例: ドメインタンパク質

Phospho/Tyr Binding: SH2 Domain

例: ドメインタンパク質と結合パートナー

SH2 Domain Proteins Binding Partners Phosphopeptide Ligand SH2 Specificity Residues
Regulation Specificity
Src Tyrosine Kinase Focal Adhesion Kinase pTyr -Ala-Glu-Ile Tyr ΒD5
Phospho-lipase C-γ C-terminal SH2 PDGF β receptor pTyr -Ile-Ile-Pro-Leu-Pro-Asp Cys ΒD5
Grb2 adaptor Shc docking protein pTyr -Val-Asn-Val Trp EF1

翻訳監修: 大阪薬科大学 生体防御学研究室 天野富美夫先生