CST logo

アポトーシス抑制 (Inhibition of Apoptosis)

Inhibition of Apoptosis

highlighted node

経路の説明:

細胞の生存には、積極的にアポトーシスを抑制することが必要であり、それは抗アポトーシス因子の発現を促進することと同様にプロアポトーシス因子の発現を抑えることによってなされる。PI3K 経路は多くの生存因子によって活性化され、生存シグナルの中でも重要な役割をもつ Akt の活性化に至る。活性化された Akt は、プロアポトーシス Bcl-2 ファミリーのメンバーである Bad、Bax、カスパーゼ-9、GSK-3、FoxO1 をリン酸化によって抑制する。多くの増殖因子やサイトカインは抗アポトーシス Bcl-2 ファミリーメンバーを誘導する。Jaks と Src は Stat3 をリン酸化・活性化し、次いで、Bcl-xL と Bcl-2 の発現を誘導する。Erk1/2 と PKC は p90RSK を活性化し、p90RSKは CREB を活性化し Bcl-xL と Bcl-2 の発現を誘導する。Bcl-2 ファミリーメンバーはミトコンドリア全体を保護し、シトクロム c の放出とそれに続いて起こるカスパーゼ-9 の活性化を抑える。TNF-α はプロアポトーシス、抗アポトーシスの両経路を活性化すると考えられる:つまり、TNF-α はカスパーゼ-8、-10を活性化させることによりアポトーシスを引き起こすことができるが、NF-κB を介してアポトーシスシグナルを抑制することもでき、Bcl-2 のような抗アポトーシス遺伝子を誘導する。clAP1/2 は TRAF2 に結合することにより TNF-αシグナルを抑制し、FLIP はカスパーゼ-8 の活性化を阻害する。

参考文献:

CST would like to thank Prof. Junying Yuan, Harvard Medical School, Boston, Massachusetts, for reviewing this diagram.

翻訳監修: 千葉大学大学院 医学研究院 分子生体制御学 粕谷善俊先生

created January 2002

revised November 2012

アポトーシス抑制 (Inhibition of Apoptosis)