CST logo

ミトコンドリアでのアポトーシス制御 (Mitochondrial Control of Apoptosis)

Mitochondrial Control of Apoptosis

highlighted node

経路の説明:

Bcl-2ファミリータンパク質は、ミトコンドリアの透過性を調節することによってアポトーシスを制御します。抗アポトーシスタンパク質のBcl-2とBcl-xLはミトコンドリアの外壁に存在し、シトクロムcの放出を阻害します。アポトーシス促進性のBcl-2ファミリータンパク質のBad、Bid、BaxおよびBimは細胞質に存在しますが、細胞死のシグナルによりミトコンドリアへと移動し、そこでシトクロムcの放出を促進します。Badはミトコンドリアへと移動し、Bcl-xLとアポトーシス促進性の複合体を形成します。この移動はBadのリン酸化を引き起こす生存因子によって阻害され、Badは細胞質に引き止められます。細胞質のBidは、Fasを介したシグナルを受けたCaspase-8によって開裂され、その活性型フラグメント (tBid) はミトコンドリアへと移動します。BaxとBimは、生存因子の除去などの細胞死刺激に応答してミトコンドリアへと移動します。DNA損傷によって活性化されたp53は、BaxやNoxa、Pumaの転写を誘導します。ミトコンドリアから放出されると、シトクロムcはApaf-1に結合し、Caspase-9との活性化複合体を形成します。アポトーシス時のミトコンドリア透過性とシトクロムc放出の制御機序は十分に解明されていませんが、Bcl-xL、Bcl-2およびBaxは、電位依存性アニオンチャネル (VDAC) に影響を与え、シトクロムc放出の制御に関与すると考えられています。HECTH9はp53に関わるDNA損傷により活性化されるE3ユビキチンリガーゼであり、Mcl-1はBcl-2ファミリーの抗アポトーシスメンバーです。

参考文献:

We would like to thank Prof. Junying Yuan, Harvard Medical School, Boston, MA, for reviewing this diagram.

created September 2008

revised November 2012

ミトコンドリアでのアポトーシス制御 (Mitochondrial Control of Apoptosis)