CST logo

アポトーシス概論 (Apoptosis overviews)

Overview: Regulation of Apoptosis

highlighted node

経路の説明:

Apoptosis は核凝集、細胞収縮、膜ブレブ形成、DNA の断片化によって特徴化される制御された細胞自殺メカニズム(機構)である。システインプロテアーゼファミリーであるカスパーゼはアポトーシスの中心的な制御因子である。イニシエーターカスパーゼ群(カスパーゼ -2、-8、-9、-10、-11、-12 等)は、密接にプロアポトーシスシグナルに共役している。一度活性化されると、これらのカスパーゼは下流のエフェクターカスパーゼ(カスパーゼ -3、-6、-7を含む)を消化・活性化し、続いて特異的な Asp 残基にしたがって細胞蛋白質を消化し、アポトーシスを実行する。 FasL と TNF による Fas と TNFR それぞれの活性化は、カスパーゼ-8 および -10 の活性化を導く。DNA 損傷は、RAIDD とカスパーゼ-2 に結合する PIDD の発現を誘導し、カスパーゼ-2 の活性化を引き起す。ダメージを受けたミトコンドリアから放出されるシトクロム c はカスパーゼ-9 を活性化する。XIAP はカスパーゼ-3、-7、-9 を阻害する。ミトコンドリアはシトクロム c に加えて Smac/Diablo、AIF、HtrA2、EndoG のような複数のプロアポトーシス分子を放出する。Smac/Diablo は XIAP と結合し、この結合が XIAP のカスパーゼ阻害効果を抑える。カスパーゼ-11 は、病理学的前炎症およびプロアポトーシス刺激によって誘導・活性化されると、カスパーゼ-1 の活性化を促し、カスパーゼ-1 はカスパーゼ-3 を直接プロセシングすることにより炎症反応とアポトーシスを促進する。カスパーゼ-12 と -7 は小胞体ストレス下で活性化される。増殖因子やサイトカインを含む抗アポトーシスリガンドは、Akt および p90RSK を活性化する。Akt は Bad を直接リン酸化することにより阻害するとともに、転写因子である Forkhead ファミリー(Fox0)をリン酸化・阻害することにより、Bim の発現を抑制する。Fox0 は、FasL や Bim のようなプロアポトーシス分子の発現上昇を介してアポトーシスを促進する。

参考文献:

CST would like to thank Prof. Junying Yuan, Harvard Medical School, Boston, Massachusetts, for reviewing this Apoptosis Overview diagram.

翻訳監修: 千葉大学大学院 医学研究院 分子生体制御学 粕谷善俊先生

created January 2002

revised November 2012

アポトーシス概論 (Apoptosis overviews)