CST logo

NF-κB シグナル (NF-κB Signaling)

NF-κB Signaling

highlighted node

経路の説明:

NF-κB/Rel タンパク群は、NF-κB2 p52/p100、NF-κB1 p50/p105、c-Rel、RelA/p65、Rel B を含む。これらのタンパクは自然免疫、適応免疫、炎症、ストレス反応、B 細胞の発達、リンパ組織形成を含む生物学的過程を幅広く制御している遺伝子を調節する二量体の転写因子として機能する。古典的(もしくは基準とされる)経路では、NF-κB/Rel 複合体は IκB タンパクと結合することで転写活性が抑制されている。Proinflammatory サイトカイン、LPS、成長因子、抗原受容体は、IKK 複合体(IKKα、IKKβ、NEMO)を活性化し、それが IκB タンパクをリン酸化する。IκB のリン酸化は IκB のユビキチン化とプロテアソーム分解を引き起こし、一方で NF-κB/Rel 複合体を自由にする。活性化された NF-κB/Rel 複合体はリン酸化によりさらに活性化され、核へと移行し、そこで単独あるいは AP-1、Ets、Stat を含む他の転写因子ファミリーと組んで、標的遺伝子の発現を引き起こす。

非古典的 NF-κB 経路では、NF-κB2 p100/RelB 複合体は細胞質内で不活化されている。LTβR、CD40、BR3 を含む受容体のサブセットを介するシグナルは、キナーゼ NIK を活性化し、続いて NF-κB2 p100 の C 末残基をリン酸化する IKK α複合体を活性化する。NF-κB2 p100 がリン酸化されると、ユビキチン化されプロテアソームプロセシングにより NF-κB2p52 を生じ、それが、核へと移行し標的遺伝子発現を引き起こす転写活性能を有した NF-κB2p52/RelB 複合体を創る。NF-κB アゴニストのサブセットと標的遺伝子のみがここには示されている。

参考文献:

CST would like to thank Prof. Thomas D. Gilmore, Boston University, Boston, Massachusetts, for contributing to this NF-kB Signaling diagram.

翻訳監修: 千葉大学大学院 医学研究院 分子生体制御学 粕谷善俊先生

created January 2003

revised September 2012

NF-κB シグナル (NF-κB Signaling)