CST logo

免疫蛍光染色 テクニカルサポート

最良の結果を得るために、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。

推奨プロトコールは社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成され、各製品の性能を最大限引き出すことができます。
また、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

同じアプリケーションでも製品により推奨プロトコールが異なることがございます。
各製品専用の推奨プロトコールは、必ず製品ページの推奨プロトコール欄よりご確認ください。


製品専用の推奨プロトコール検索    検索

免疫蛍光染色に関する技術的お問合せの際は、下記テクニカルサポートフォームをご利用ください。
より良いサポートを迅速にご提供するために、できる限り詳細な実験プロトコールをご記入くださいますようお願いいたします。

※は必須項目です。

  1. 顕微鏡/イメージングシステムのタイプ: 
  2. 励起光源 (固有レーザー、水銀球、など) : 
  3. 問題点: 詳細をご記入ください。 実験データの添付も可能です。

抗体について

  1. CSTコード:   (例) 4060
  2. バイアル記載のLot No.:   (例) 1
  3. 一次抗体の希釈率:   (例) 1:200
  4. (標識抗体を使っていない場合) 二次抗体: 
  5. 二次抗体の製造元メーカー名およびカタログ番号: 
  6. 蛍光色素:   (例) FITC
  7. 二次抗体の希釈率:   (例) 1:500

標本

  1. 標本の種類免疫細胞染色/cell line  パラフィン切片  固定済み凍結切片  新鮮凍結切片
  2. 標本の由来Human  Mouse  Rat  その他
  3. 固定前の細胞/組織の処理方法:リガンド  阻害剤  その他
  4. 固定方法 (浸水、灌流) :浸水  灌流  その他
  5. 固定液:   (例) Formaldehyde
  6. インキュベーション時間:   (例) 15 min
  7. 固定液の濃度:   (例) 4%
  8. 細胞を使用した場合、細胞の処理後から固定までにどれくらい時間がかかりましたか?:   (例) 直ぐに固定
  9. 切片作製/固定から染色までにどれくらい時間がかかりましたか?:   (例) 1 hr
  10. 未染色の切片はどのように保存していましたか?:   (例) -20℃

染色プロトコールについて

  1. 抗原賦活化の手順:   (例) クエン酸 pH 6.0、電子レンジ、95℃、10 min
  2. ブロッキングの手順:   (例) 5% Normal goat serum/ 1 hr
  3. 過酸化水素処理:Yes No
  4. 希釈バッファーの組成 (界面活性剤を含む) :   (例) 1% BSA/ 0.3% Triton X-100/ PBS
  5. 一次抗体の反応時間と反応温度:   (例) 4℃/ 一晩
  6. 二次抗体の反応時間と反応温度:   (例) 室温/ 2 hr
  7. 測定波長:   (例) 647 nm
  8. 同じスライドで他の一次抗体を使用した場合は、その抗体について教えてください。: 
  9. 使用した細胞/組織にターゲットタンパク質があることを確認しましたか?Yes No
  10. リン酸化抗体を使用した場合、サンプル処理のプロトコールがターゲットタンパク質のリン酸化に作用することを確認していますか (文献、あるいは他のアプリケーションで実証済み) ?:   (例) はい:PMID 000000
  11. ポジティブコントロール (処理した細胞、その他の組織、など) :   (例) Jurkat (Calyculin A処理)
  12. ネガティブコントロール:一次抗体なし  アイソタイプコントロール  ネガティブ細胞/組織
  13. 該当する場合、アイソタイプコントロール抗体のIg 濃度:   (例) 100 μg/mL

添付ファイル  (5MBまで)

*ファイル名は英数字にしてください

ChIP関連製品特集

テクニカルサポート








Buy 3 Get 1 開催中!

3製品購入すると、4製品目を無料提供。
対象はキットと20 μL抗体以外の全製品!!

詳細はこちら