CST logo

ウェスタンブロッティング テクニカルサポート

最良の結果を得るために、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。

推奨プロトコールは社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成され、各製品の性能を最大限引き出すことができます。
また、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

同じアプリケーションでも製品により推奨プロトコールが異なることがございます。
各製品専用の推奨プロトコールは、必ず製品ページの推奨プロトコール欄よりご確認ください。


製品専用の推奨プロトコール検索    検索

※ 製品専用のプロトコールを用いないと...

ウェスタンブロッティングに関する技術的お問合せの際は、下記テクニカルサポートフォームをご利用ください。
より良いサポートを迅速にご提供するために、できる限り詳細な実験プロトコールをご記入くださいますようお願いいたします。

テクニカルサポートフォームをご利用の前に、プロトコールに関するWBビデオあるいはウェスタンブロッティング トラブルシューティングガイドをご参照ください。

※は必須項目です。

一次抗体について

  1. コード番号:   (例) 4060
  2. バイアル記載のLot No.:   (例) 1
  3. バイアル記載のReference Date:   (例) 07/2008
  4. 購入日と購入代理店:   (例) 07/2008 ◯◯株式会社
  5. 保存温度: 4℃  -20℃  その他
  6. 小分け保存しましたか?: Yes  No

サンプルについて

  1. 細胞: Cell Line  Primary Cells  Whole Tissue  その他
  2. : Human  Mouse  Rat  その他
  3. 処理薬物:   (例) EGF
  4. 処理薬物の濃度:   (例) 5 mM
  5. 薬物の処理時間:   (例) 1, 3, 5 min
  6. ポジディブコントロール:   (例) Jurkat (Calyculin A処理)
  7. ローディングコントロール: 
  8. 可溶化バッファー:
     SDS Sample Buffer  CST Cell Lysis Buffer  CST Chaps Buffer
     CST RIPA Buffer  その他
  9. 可溶化バッファーに添加したフォスファターゼ阻害剤 (あれば):   (例) NaF
  10. サンプルは超音波処理しましたか?Yes No
  11. アプライしたタンパク量 (ug/lane): 20μg  その他
  12. ライセートを調製してからの期間:   (例) 2 weeks
  13. ライセートの保存温度: 4℃  -20℃  -80℃  その他
  14. 以前同じサンプルを用いてこの抗体で期待通りの結果が得られていましたか?:Yes No

プロトコールについて

  1. アクリルアミドゲルの濃度 (%):   (例) 10%
  2. 転写膜: Nitrocellulose  PVDF  Nylon  その他
  3. 転写膜のポアサイズ:   (例) 0.45 μm
  4. 転写システム: Wet Transfer  Semi-Dry Transfer  その他
  5. 転写バッファーの組成:
     25 mM Tris-base, 0,2 M Glycine, 20% Methanol, pH8.5  その他
  6. 転写: 時間  電圧/電流 

ブロッキングについて

  1. ブロッキングバッファーの組成:   (例) 5% Nonfat dry milk/ TBST
  2. ブロッキングの時間:   (例) 室温/ 1hr
  3. 洗浄バッファーの組成: TBS-T (0.1% Tween-20)  その他
  4. ブロッキング後の洗浄時間と回数: 5 min×3  その他

一次抗体反応について

  1. 一次抗体: CST  その他
  2. 一次抗体の希釈率:   (例) 1:1000
  3. 一次抗体の希釈バッファーの組成:   (例) 5% Nonfat dry milk/ TBST
  4. 一次抗体の反応時間と反応温度: 温度/時間   (例) 4℃/ 一晩
  5. 一次抗体反応後の洗浄時間と回数: 5 min×3  その他
  6. 抗体を再利用しましたか?:Yes No

二次抗体反応について

  1. 二次抗体のメーカー名と製品コード:  CST   その他 
  2. 二次抗体の希釈率:   (例) 1:2000
  3. 二次抗体の希釈バッファーの組成:   (例) 5% Nonfat dry milk/ TBST
  4. 二次抗体の反応時間と反応温度: 温度/時間   (例) 室温/ 1 hr
  5. 二次抗体反応後の洗浄時間と回数  5 min×3  その他

検出について

  1. 検出システム: HRP  AP  その他
  2. 検出システムの製造元メーカー名: 
  3. 検出試薬:   (例) SignalFire™
  4. 露光方法:
     フィルム 露光時間: 
     化学発光イメージャー (メーカー/機種): 
     蛍光イメージャー (メーカー/機種): 
     その他 

問題点

結果: 特異的バンドが検出されない  非特異バンドが検出される  バンドが検出されない  その他
結果の詳細をご記入ください。
実験データの添付も可能です。

添付ファイル  (5MBまで)

*ファイル名は英数字にしてください

ChIP関連製品特集

テクニカルサポート








Buy 3 Get 1 開催中!

3製品購入すると、4製品目を無料提供。
対象はキットと20 μL抗体以外の全製品!!

詳細はこちら