CST logo

品質管理 - 免疫組織染色 (IHC)

免疫組織染色 (IHC) は、細胞ペレットや組織中に含まれる細胞内タンパク質を特異的一次抗体で標識し、IHC検出試薬で視覚化する手法です。免疫組織染色で特異性を判定するには、様々な検証を要します。CSTは、抗体染色が標的タンパク質特異的で信頼できるものか確かめるために各々の製品に対して様々な社内試験を実施し、厳格な品質基準を満たす500種類以上の免疫組織染色用の抗体をIHC希釈液、IHC検出試薬、コントロールスライドと共にご提供しています。

社内試験の項目

  • ウェスタンブロッティングにて、非特異的バンドが極わずかな適切な分子量の特異的バンドを確認
  • 発現レベル既知のパラフィン包埋細胞ペレットを用いて特異性を確認
  • がんの適切なモデルマウスを用いて抗体パフォーマンスを評価
  • 発現レベル既知の細胞株を移植した異種移植片 (Xenograft) を用いて特異性を確認
  • ヒトのがん組織アレイを用い、多種多様な組織で抗体パフォーマンスを確認
  • 新鮮な凍結組織切片を必要に応じて染色
  • 組織切片と細胞ペレットをフォスファターゼ処理し、リン酸化特異性を確認
  • ブロッキングペプチドを用い、Fc領域を介した結合、内在性ビオチンによるバックグラウンド、およびその他の非特異的染色の有無と特異性を確認
  • 徹底したロット試験により、IHCの正確性に関わる再現性を確保
  • 希釈率を設定し、プロトコールを最適化 (コントロール試薬の販売あり)

Cell Pellets

Paraffin-embedded cell pellets are subjected to activator or inhibitor treatments.

Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb #4060, Akt (pan) (C67E7) Rabbit mAb #4691: IHC analysis of SignalSlide® Phospho-Akt (Ser473) IHC Controls #8101 using #4060 (upper) or #4691 (lower).

Mouse Models

IHC analysis of paraffin-embedded WT and PTEN mouse prostate using #4060.

Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb #4060: IHC analysis of paraffin-embedded WT (left) and PTEN (-/-) (right) mouse prostate using #4060. Tissue courtesy of Dr. David Guertin, The Whitehead Institute for Biomedical Research, Cambridge, MA.

Xenograft and Phosphatase Treatment

IHC analysis of paraffin-embedded HCC827 xenograft.

Phospho-EGF Receptor (Tyr1068) (D7A5) XP® Rabbit mAb #3777: IHC analysis of paraffin-embedded HCC827 xenograft, control (upper) or λ phosphatase-treated (lower), using #3777.

Blocking Peptide

IHC analysis of paraffin-embedded human tonsil epithelium using #2005.

FoxP1 Antibody #2005: IHC analysis of paraffin-embedded human tonsil epithelium using #2005 in the presence of control peptide (upper) or antigen-specific peptide (lower).

品質管理 - 免疫組織染色 (IHC)