CST logo

免疫組織染色 (Immunohistochemistry)

免疫組織染色 (IHC) は、組織サンプル中のタンパク質発現の検出に用いられる免疫染色の手法です。この手法では、抗体と分析対象の特定のタンパク質との結合を介し、生物試料中のタンパク質発現を測定します。
CSTでは、社内のIHCを専門とする研究者が抗体の品質管理や新たな抗体の開発に取り組んでいます。特異的で信頼される抗体をご提供するために、厳格な品質基準に基づいた規格試験を実施し、お客様が再現性に優れ意義ある結果が得られるよう製品毎に最適化したプロトコールを提供しています。

製品検索

品質管理: 全てのIHC用抗体は、社内の適切なモデルシステムを用いた広範な検証試験を通じ、最適な希釈率とバッファーを特定しています。

コントロールスライド: 染色にSignalSlide®コントロールスライドを用いることで、抗体性能を確認し実験条件を最適化することができます。

プロトコール: 最小限の試薬・時間で期待通りの結果を得ていただくために、製品毎に最適化した詳細なプロトコールを提供しています。

プロトコール関連製品: お客様の実験のトータルサポートを目指し、精選した多彩な関連製品を提供しています。これら製品は抗体製品の社内試験でも使用され、製品の性能を最大限引き出すことができます。

検出試薬 | DAB基質 | 抗体希釈液 | バッファー | ブロッキングペプチド

テクニカルサポート: CSTの抗体は全て社内で製造されているため、まさにこれらの試薬を開発・検証し使用法に精通した研究者がお客様をお手伝いいたします。

IHCガイド

結果が出るIHCのポイントを、CSTの社内試験の内容を交えてご紹介!
各ステップがなぜ重要なのか、検証結果は必見です。

資料請求はこちら

LKB1 Immunohistochemistry Data

LKB1 Immunohistochemistry Data

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human ovarian carcinoma using LKB1 (D60C5F10) Rabbit mAb (IHC Formulated) #13031.

Expand (+)

ALK Immunohistochemistry Data

ALK Immunohistochemistry Data

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded anaplastic large cell lymphoma (ALCL) using ALK (D5F3) XP® Rabbit mAb #3633.

Expand (+)

免疫組織染色 (Immunohistochemistry)

アプリケーション

製品カタログ

お薦めリンク

ChIP関連製品特集
SignalSilence siRNA







Buy 3 Get 1 開催中!

3製品購入すると、4製品目を無料提供。
対象はキットと20 μL抗体以外の全製品!!

詳細はこちら