CST logo

プロテオミクスをよりシンプルに

PTMScan®技術は、質量分析ベースのプロテオーム解析のために開発された、抗体によるサンプル濃縮技術です

Simplfying Proteomics Funnel

質量分析によって、翻訳後修飾 (PTM) を受けたタンパク質に由来するペプチドを同定することが可能です。しかしながら、そのようなペプチドは存在量が非常に少ないため、液体クロマトグラフィー質量分析 (LC-MS/MS) にアプライする前に何らかの方法で濃縮・精製をしないと十分なデータ量の解析ができません。

この課題に取り組むために、CSTはPTMScan®技術を開発しました。これはCST独自の抗体を用いた手法で、免疫沈降によってクルードなサンプルペプチドから目的のPTMを含んだペプチドを濃縮します。そうすることではじめて、数百から数千もの希少なPTM部位を同定・定量することができます。また、PTMScan®技術は、固定化金属アフィニティークロマトグラフィー (IMAC) などの方法と比較して、お客様の目的に応じた特定のPTMペプチドの濃縮に特化した解析を可能にします。

PTMScan®技術は、以下の目的に使用できます:

  • リン酸化、ユビキチン化、アセチル化、メチル化などの新規のPTM部位の同定、および、プロテアーゼによる新規の開裂部位の同定
  • 薬物標的の同定と検証
  • バイオマーカーの探索
  • 薬物/化学調節物質の作用機序の解明
  • 薬物の非特異的な効果の解明

PTMScan®技術に用いられる抗体

Antibodies for PTMScan

PTMを含むペプチドの濃縮に用いられる抗体が、PTMScan®技術を用いた実験成功の鍵となります

  • CST社内で開発・製造されている
  • 特異性、感度、ロット間の一貫性について、徹底的に検証されている
  • ペプチドのイムノアフィニティー濃縮用に作製されている

PTMScan®技術に用いられる3種類の抗体

抗体の種類抗体のターゲット具体例抗体を使用する製品・サービス抗体認識のイメージ
特定のタンパク質のPTMに対する抗体 特定のタンパク質の特定部位に、特定の修飾を受けたアミノ酸 Phospho-Akt1 (Ser473) 抗体
リン酸化された473番目のセリン残基とその周辺のアミノ酸のみを認識します
PTMScan® Directサービス Standard site-specific PTM antibody Sequence
モチーフ抗体 特定のモチーフ内にある特定の修飾を受けたアミノ酸 Akt基質モチーフ抗体
モチーフ内のセリン残基がリン酸化された場合のみ、あらゆるタンパク質のRXRXXS*配列を認識します (Xは任意のアミノ酸、*がリン酸化を受けたアミノ酸の目印)
PTMScan® Discoveryサービス、PTMScan®キット Motif Antibody Sequence
PTM特異的抗体 (PTM抗体) 特定の修飾を受けたあらゆるペプチド アセチル化リジン抗体
隣接するアミノ酸配列に関係なく、すべてのアセチル化されたリジン残基を認識します
PTMScan® Discoveryサービス、PTMScan®キット PTM-specific antibody (PTM-antibody) Sequence

PTMScan® Discovery vs. PTMScan® Direct

お客様の研究に役立つのはどちらですか?

  PTMScan® Discovery
(特定のPTM/モチーフを含むペプチドを濃縮したい)
PTMScan® Direct
(質量分析装置を用いて抗体アレイをしたい)
  PTMScan Direct
解析したいシグナル伝達経路が決まっているか? No Yes
サンプルペプチドを抗体で濃縮するか? Yes Yes
LC-MS/MS解析を実施するか? Yes Yes
免疫沈降用ビーズに標識されているのはどのような抗体か? 1種類のPTMまたはモチーフに対する抗体 数百種類の特定のタンパク質に対するPTM特異的抗体とTotal抗体
使用可能な生物種は? ヒト、マウス、ラット、ショウジョウバエ、シロイヌナズナなど、様々な生物種由来のサンプルで使用可能 ヒトおよびマウスについては検証済み
(他の生物種については弊社にお問い合わせください)
ケーススタディ “Deep, quantitative coverage of the acetylome using novel anti-acetyl-lysine antibodies and an optimized proteomic workflow.”
Svinkina, T., et al (2015) Mol. Cell. Proteomics 14(9):2429–40.
“PTMScan Direct: identification and quantification of peptides from critical signaling proteins by immunoaffinity enrichment coupled with LC-MS/MS.”
Stokes, M., et al (2012) Mol Cell Proteomics. 11(5):187–201.
お勧めの用途 新規のPTMの同定・定量的解析 既知のシグナル伝達経路の構成因子の活性を、薬物処理条件などの異なるサンプル間で比較する定量的解析

プロテオミクスをよりシンプルに

アプリケーション

製品カタログ

お薦めリンク

2017年度生命科科学系合同年次大会 (神戸) 出展 / 12月6日−8日