CST logo

XP®モノクローナル抗体

XP®モノクローナル抗体とは

XP®モノクローナル抗体は、CSTでのみ入手可能な高品質ラビットモノクローナル抗体です。XP®は、全ての推奨アプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮する製品の品名にのみつけられています。

CSTは、独自に開発したモノクローナル技術、XMT®を使ってXP®モノクローナル抗体を製造しています。この技術により、従来のモノクローナル技術では成し得なかった様々な抗体が作製でき、より徹底的なスクリーニングや高い特異性、感度、再現性、そしてパフォーマンスを持つXP®モノクローナル抗体の選定が可能になりました。

  • 優れた特異性

    従来のCST抗体製品同様、標的タンパク質に高い特異性を示し、貴重な時間と実験試薬の無駄を省きます。ケーススタディ 1: 特異性

  • 優れた感度

    細胞や組織内の標的タンパク質のシグナルをより強く検出しますので、発現レベルが低い内在性タンパク質でも検出でき、貴重な実験サンプルを無駄にいたしません。ケーススタディ 2: 感度

  • 優れた安定性と再現性

    XMT®で作製した抗体は、ロット間差が非常に小さく、高い再現性を実現します。 ケーススタディ 3: 再現性

  • 優れたパフォーマンス

    XMT®をCSTの徹底した社内試験と厳格な品質管理と組み合わせ、様々なアプリケーションでご使用いただける優れたパフォーマンスを発揮するXP®モノクローナル抗体をご提供します。ケーススタディ 4: パフォーマンス

#3377 Phospho-Histone H3 (Ser10) (D2C8) XP® Rabbit mAb

Confocal immunofluorescent analysis of HeLa cells.

Figure 1. Confocal immunofluorescent analysis of HeLa cells using Phospho-Histone H3 (Ser10) (D2C8) XP® Rabbit mAb #3377 (green). Actin filaments have been labeled with DY-554 phalloidin (red). Blue pseudocolor = DRAQ5® #4084 (fluorescent DNA dye).

Flow cytometric analysis of Jurkat cells.

Figure 2. Flow cytometric analysis of Jurkat cells using Phospho-Histone H3 (Ser10) (D2C8) XP® Rabbit mAb #3377 versus propidium iodide (DNA content). The boxed population indicates Phospho-Histone H3 (Ser10) positive cells.

#4267 EGF Receptor (D38B1) XP® Rabbit mAb

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded elements.

Figure 3A. Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human lung carcinoma using EGF Receptor (D38B1) XP® Rabbit mAb #4267.

Figure 3B. Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human placenta using EGF Receptor (D38B1) XP® Rabbit mAb #4267.

Confocal immunofluorescent analysis of A-549 cells.

Figure 4. Confocal immunofluorescent analysis of A549 cells, untreated (left) or treated with human epidermal growth factor (right), using EGF Receptor (D38B1) XP® Rabbit mAb #4267 (green). Blue pseudocolor = DRAQ5® #4084 (fluorescent DNA dye).

#4511 Phospho-p38 MAPK (Thr180/Tyr182) (D3F9) XP® Rabbit mAb

Confocal immunofluorescent analysis of COS cells.

Figure 5. Confocal immunofluorescent analysis of COS cells, untreated (left) or anisomycin-treated (right), using Phospho-p38 MAPK (Thr180/Tyr182) (D3F9) XP® Rabbit mAb #4511 (green). Actin filaments have been labeled with DY-554 phalloidin (red).

Western blot analysis of extracts from COS and NIH/3T3 cells.

Figure 6. Western blot analysis of extracts from COS and NIH/3T3 cells, untreated or UV-treated, using Phospho-p38 MAPK (Thr180/Tyr182) (D3F9) XP® Rabbit mAb #4511 (upper) or p38 MAPK Antibody #9212 (lower).

XP®モノクローナル抗体

2017年度生命科科学系合同年次大会 (神戸) 出展 / 12月6日−8日

XP®モノクローナル抗体パンフレット

XP®モノクローナル抗体の優れたパフォーマンスを競合製品との比較を交えてご紹介しています。ご使用された先生方の声も掲載!

 

資料請求はこちら

お薦めリンク